心の病はメンタルクリニックで治療【とにかく話を聞いてもらおう】

男女

精神科や心療内科の総称

病院

心の不調が続いているなら

メンタルクリニックとは、精神科、心療内科といった診察科ではありません。うつ病がこれだけメディアに取り上げられるようになり、精神的な病は決して珍しい病気ではなくなっているのですが、精神科や心療内科といった診療科目を標榜している病院に行くことをためらってしまうという方はまだ少なくありません。本来、医療機関は何か不調があれば相談に行き診察を受ける場所であるにもかかわらずです。こうした患者さんの心理を察して、少しでも相談に行きやすくするために、精神科、心療内科などを専門とする医療機関が「メンタルクリニック」という看板をあげている、と考えればいいでしょう。産婦人科の中に「レディースクリニック」という看板をあげているところがあるのと少し似ているかもしれません。精神科と心療内科は厳密に言えば専門とする疾患に違いがあります。精神科は純粋に心の領域だけを扱う科です。心療内科は名前に内科が入っているように身体の病気を扱う科です。心が原因として身体の症状が起きてくる心身症などが心療内科の本来の専門になります。しかし、いずれも心が原因となる疾患を扱っており重なる部分も多いですから、受診段階ではあまり深く考えすぎず、行きやすい医療機関を選んで受診されればいいでしょう。

誰でも受診していい

人の心と身体は切り離すことはできません。たとえば、うつ病のように精神科が専門とする疾病であっても頭痛や腹痛などの身体症状が出たり、仮面うつ病のように精神症状はほとんどあらわれず、身体の不調だけが出てくる場合もあります。メンタルクリニックという名前であってもやはり受診をためらってしまう人はまだあります。その理由として、どの程度の不調であったら受診すべきかわかりづらいということが考えられます。内科や外科であれば、発熱している、頭やお腹が痛い、出血が続く、怪我をしているなどの具体的な症状があります。しかし、こころは外から見えず、触れることもできません。そのため程度がわかりづらく、受診のきっかけがつかみにくいのです。だからこそ、メンタルクリニックを受診することに特別な理由付けは必要なく、本人が受診したいと思えばそれでいいのです。それによって精神的に治療が必要であれば、早期の受診で早期の治療が受けられます。具体的なきっかけとしては、2週間以上心の落ち込みやつらい状態が続いている場合があげられます。人生にはいろいろとつらいことがありますが、それらは時間がたてば軽減していきます。しかし、精神的な病の場合はその状態が改善せず長引いて仕事や家庭生活にも支障が出たり、自殺を考えたりするようになります。こういう場合は特に早期に精神科、心療内科、メンタルクリニックを受診することが必要です。